リサイクルショップ 買取 -the recycling circle-

リサイクルショップ 買取

リサイクルショップで買取を行ってもらうときに、どんなことに気をつけなくてはいけないのでしょうか。またどんな仕組みになっているのでしょうか。ここでは、そんな素朴な疑問から、買取までの仕組みをご説明します。

まず、使わなくなったものはどんなものでもリサイクルショップで買取ってお考えの人はいないでしょうか。何でも買取できれば、ほんとに意味のでリサイクルショップですが、商売は商売なので、ある程度の制約があります。

たとえば、掃除機なのに、掃除機としての基本機能である「吸い取る」ことができないとか、野球のグローブなのに、穴が開いていて、ボールをつかめないなど、本来あるべき基本の機能が伴っていなければ、買取できません。

また、物は時間が経つにつれ、必ず古さがついてきます。一般的に、家具なら7年から10年、衣類は2年以内、家電は製造年度から5年以内であれば、買取が可能となります。

他にも、もともと買取ができないものの代表としては、ペットや植物といった命があるものは、リサイクルショップでは管理できません。

買取のシステム

買取のシステムとして最も主流なのが、持込みによる買取です。店頭販売且つ店頭買取を行っているお店に出向き、その場で査定してもらい買取を行ってもらうシステムです。

この買取は実際にお店にいくので、そのお店でどんなものがどれくらいの値段で売られているかを実際見れるので、そのショップの特徴をつかめると思います。

一つのショップだけに、買取をしてもらいたい全品を持っていくのではなく、そのリサイクルショップ一つ一つの特徴を見極め、「ここは家電が高く売れる」、「ここは、衣服類が重宝される」といった具合に、そのお店と相性の良いもの持ち込むことをオススメします。

LINK

おすすめ

favorite

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3